So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

『ハローグッバイ』 [読書・映画]

『ハローグッバイ』初日舞台挨拶
会場:渋谷ユーロスペース

2017年7月15日21:00開演

映画ハローグッバイ公式サイト

『ハローグッバイ』の初日舞台挨拶に。
菊池健雄監督、主演の萩原みのり・久保田紗友、もたいまさこ、渡辺真起子、岡本夏美、川瀬陽太、渡辺シュンスケ。
最前列はプレス御一行様。
舞台挨拶始まると同時にすごい数のフラッシュ。
最初はにこやかだったシュンちゃんが、だんだん目がしばしば。
しんどい、疲れた、って顔になっていったのか・・・
俳優さんたちはすごいね、あの状態でも笑顔を絶やさず、シャキッとしてました。

舞台挨拶終了後に、本編の上映。
「あー、あー、あるある。あったあった。わかる。」
って感じの主人公二人の高校生活。
いま、これから、向き合おうであろう、もたいさん演じた悦子さんを取り巻く環境。

映像の美しさ。
何気ない日常を、スクリーンに切り取ること。
現実はもっと泥臭くて煩雑としてて息苦しさもある。
それが、映画になるとこうなるのか。
日常が非日常を纏うのだなぁ。

シュンちゃんは、セリフは少なめ(ボロがあまり出てない!)。
ピアノを弾く、とても大切なシーンを担ってた。

ハローグッバイ主題歌『手紙が届けてくれたもの』
ダウンロードはこちらからお好きなサイトで。

救いがあるようなないような。
すっきりいかない日常に、ほんのちょっとの光。
現実は厳しくて辛いし、苦しい。
うまくいかないことも多いし、うまくできないことだかけ。
理想と現実はまったく違うし、一致させるすべもわからない。
毎日はそれでも続いていくのです。

キャストやストーリー、上演時間がバランスいいな、と思った。
あれ以上長いと、飽きてただろうし。
ご都合主義なオチがついてたら、引いちゃっただろうし。
キャスティングもしっくり。

舞台挨拶で言ってた、ひとみがはづきに「私たち友達だよね」って言うシーンが怖い、という件については、うーん、重ねた年齢の差でしょうか。
凄みがなかった、としかいいようがなく。
あ、ちなみにそのシーンは予告編で観られます。


映画も久々でした。
たまには、いいかな。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『私を殺して…』 [観劇]

四谷天窓×東京ハイビーム提携企画ロングラン公演『私を殺して…』

2017年7月15日(土)13:00開演
会場:四谷天窓

原作:イ・フングク
脚色・演出:吉村ゆう

出演:
男・・・細見大輔
女・・・近江知永
訪問者・・・栂村年宣
女子高生・・・飯塚麻結
ピアノ演奏・・・駒木菜穂

STORY
ここは都会の片隅の地下倉庫。
自殺コーディネーター安楽の元に自殺志願者のマドンナと名乗る女がやって来る。お金は問わない、とにかく「美しく死にたい」と・・・。安楽はマドンナにさまざまな死を提供するがマドンナはなかなか納得しない。そんな中、怪しい訪問者が乱入に事態は思わぬ方向へと展開していく・・・。果たしてマドンナは、無事「美しく逝く〜」事が出来るのか?!自殺志願者とそのコーディネーターを巡る破天荒なブラックコメディ!「私を殺して…」劇場前に入場待ちの長蛇の列が続く大ヒット韓国演劇を日本人キャスト中心で!定員制の地下倉庫を思わせる独自の空間で!ドリンク片手にドキドキしつつ!「逝かせる時間を」あやたも体感してみませんか?東京ハイビームが四谷天窓とタッグを組んでお送りするロングラン公演!!あなたは、これを見逃すと逝けない?!!


数日前に知って、チケット取ったお芝居。
なんとも久しぶりの観劇。
なんとも久しぶりの細見さん。
(そして前説始まって知った)なんとも久しぶりの栂村さん。

しかし、なんで高田馬場にあるのに四谷天窓なの?
(何年か前もおんなじこと言った気がする)

出演者4名と生伴奏でのお芝居。
キャストが何度か変わるようです。
細見さんは7月出演で、2パターンのキャストで演じます。
今回は1パターン目の終盤でした。
(あとは17日が最後で、22日からは2パターン目)

四谷天窓は、アコースティックLIVEをやるような小さなハコ。
こじんまりとした客席に椅子。
ドリンクカウンターで飲み物を引き換えて観られます。
(入場時にチケット代とは別にドリンク代600円あり)

客席にも役者が通ったり、乱入?したり。
観客によって毎回雰囲気変わりそうな芝居でした。

汗っかきの細見さん。
見る見るうちに汗が滴り、ラストシーンではすごいことに。
臨場感は半端ないっすね、あの汗。

確かにドタバタコメディ。
その分、粗さが気になるようなシーンもありつつ。
もうちょっと丁寧に心情を描いて欲しかったような。
これが原作、韓国版に忠実なのかしら?

この2〜3年は、観劇本数が激減してて、細見さんも2年半ぶりくらい?
栂村さんに至っては5年?6年?思い出せないくらい・・・
好きな役者さんが観られるのは、幸せですね。

とはいえ、頭が観劇にシフトしてないのか。
少し引き気味で観てしまったような。
伏線とか、背景とか、心情とか、描かれてないものが気になり。
メインの流れより、そういうものを拾おう、観ようと意識していたような。
この辺は、リハビリ必要そうかな。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

放置するにもほどがある [その他]

2年半ですか、そうですか。

観劇もLIVEも、足を運んでないことはないのですが。
感想書かなくなりました。
まぁ、もともと自分のための備忘録的なブログだったわけで。

(公開はしてますが、著作権放棄してませんからね、当たり前。)
(「なんでそんなこと?」というと無断転載されてるから。)
(引用先のURL、しかもリンク張ってない状態で、記載すれば無断転載していいっていつなりました?)

まぁ、愚痴というか嫌味というか、そんなものが漏れてる心の声は置いといて。

そういう理由から、ちょっとここの記事どうしようか考えてます。
といっても、時間的な余裕がないのでしばらくはこのままですが。

気が向いたら、何か書くかも。
息抜きに読んでる小説の感想とか?
観劇は、一時期の異常なまでの本数に比べたら月1~2本くらいなので。
ってか、今年まだ8本も観てない。
8本なんて、あの時期のひと月分にも満たない・・・。

LIVEは行ってるものの、行けるものが限られてるので、自然と偏ってたり。
前みたいに、ちょっと行ってみるかな、って気軽な感じでは出かけてませんね。

自分のペースで。
最優先事項間違えちゃ、ね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

話し合う姿勢 [その他]

攻撃されれば、守りに入る。
場合によっては、攻撃し返す。

それは、おそらく本能的なもの。
自分を守るための防衛本能の一種。

人間関係も同じ。

手を差し伸べれば、相手の手を掴むことができる。
それなのに、「手を出す」=「攻撃する」がデフォルトな人がいる。

日頃からそうやって攻撃されている相手が、手を差し伸べてきたらどうするだろう。

私は、疑う。
疑って、その手は取らない、振り払う。
自分を守るために。

結果、自分が痛い目に合うのは、やはり自分が悪いのだろうか。
相手の「優しさ」に疑いを持った、自分が悪いのだろうか。
攻撃されたとしても、相手を信じ続ける気持ちを持たない自分が悪いのだろうか。

「話し合う姿勢」というものがある。

相手に向かい合い、相手の言い分と自分の言い分両方を広げあう。
そして、互いの主張について意見を交換し、最善の最良の方法を探る。
その共同作業ができるよう、整えるのが「話し合う姿勢」だと思う。

最初から相手を否定し、相手の話に耳を貸さない。
自分が相手以上の情報を持っていたとしても、教えない。
何しろまずは、否定し、批判する。

そこに何があるのだろう。
そこに何が生まれるのだろう。

そして耳を貸さずに、結果的に転んだ相手を見て笑う。
ほくそ笑む。

楽しいのかな。
嬉しいのかな。
面白いのかな。

私が思う「話し合う姿勢」というのはただの理想論なのかもね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【読書】『八月の魔法使い』石持浅海 [読書・映画]

久々に読んだ石持浅海作品。

石持作品は、独特な世界観が魅力的ではあるけど、死人が多数出るのが苦手。
なので、精神的に参っているときには敬遠する。

時間潰しのため文庫本を探していたときに目に入った『八月の魔法使い』。
棚から引き出してみたら、表紙に惹かれた。
石持作品は、表紙デザインに惹かれるのも特徴かも。
背表紙のあらすじで、どうやら人死にが出なさそうだったのも購入の決め手になった。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。