So-net無料ブログ作成
検索選択

『ハローグッバイ』 [読書・映画]

『ハローグッバイ』初日舞台挨拶
会場:渋谷ユーロスペース

2017年7月15日21:00開演

映画ハローグッバイ公式サイト

『ハローグッバイ』の初日舞台挨拶に。
菊池健雄監督、主演の萩原みのり・久保田紗友、もたいまさこ、渡辺真起子、岡本夏美、川瀬陽太、渡辺シュンスケ。
最前列はプレス御一行様。
舞台挨拶始まると同時にすごい数のフラッシュ。
最初はにこやかだったシュンちゃんが、だんだん目がしばしば。
しんどい、疲れた、って顔になっていったのか・・・
俳優さんたちはすごいね、あの状態でも笑顔を絶やさず、シャキッとしてました。

舞台挨拶終了後に、本編の上映。
「あー、あー、あるある。あったあった。わかる。」
って感じの主人公二人の高校生活。
いま、これから、向き合おうであろう、もたいさん演じた悦子さんを取り巻く環境。

映像の美しさ。
何気ない日常を、スクリーンに切り取ること。
現実はもっと泥臭くて煩雑としてて息苦しさもある。
それが、映画になるとこうなるのか。
日常が非日常を纏うのだなぁ。

シュンちゃんは、セリフは少なめ(ボロがあまり出てない!)。
ピアノを弾く、とても大切なシーンを担ってた。

ハローグッバイ主題歌『手紙が届けてくれたもの』
ダウンロードはこちらからお好きなサイトで。

救いがあるようなないような。
すっきりいかない日常に、ほんのちょっとの光。
現実は厳しくて辛いし、苦しい。
うまくいかないことも多いし、うまくできないことだかけ。
理想と現実はまったく違うし、一致させるすべもわからない。
毎日はそれでも続いていくのです。

キャストやストーリー、上演時間がバランスいいな、と思った。
あれ以上長いと、飽きてただろうし。
ご都合主義なオチがついてたら、引いちゃっただろうし。
キャスティングもしっくり。

舞台挨拶で言ってた、ひとみがはづきに「私たち友達だよね」って言うシーンが怖い、という件については、うーん、重ねた年齢の差でしょうか。
凄みがなかった、としかいいようがなく。
あ、ちなみにそのシーンは予告編で観られます。


映画も久々でした。
たまには、いいかな。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0